光触媒

 

光触媒とは?

光触媒(ひかりしょくばい、英:photocatalyst)は、光を照射することにより触媒作用を示す物質の総称である。
また、光触媒作用は、光化学反応の一種と定義される。

参照:Wikipedia

小難しいので要約すると、“光を当てることで化学反応が起こる”ということです。

 

光触媒の要 酸化チタン

光触媒と呼ばれる液剤は様々ありますが、現在使用されいるモノは、ほぼ「酸化チタン」です。
チタンは軽くて丈夫な金属でレアメタルとしても有名です。
ただ、非常に製造が難しくチタンが発見されてから本格的に工業利用されるまで
150年以上の年月がかかりました。そんなチタンと酸素が結合した物質が酸化チタンです。

 

酸化チタンの効用

酸化チタンに光が当たると、酸化反応と呼ばれる反応がおきます。
これが光触媒のメイン「光触媒作用」です。
酸化反応というのは、酸素と結合させる反応で、「分解力」と「親水化」の作用を発揮します。

 

分解力<反応メカニズム>

1. 光触媒である酸化チタンに光があたります
2. 電子と正孔が発生します。
3. 空気中の酵素と電子が、水と正孔がそれぞれ反応します。
4. 酸化チタン表面に・スーパーオキサイドアニオンラジカル・水酸化物ラジカルという分解力を持つ、2種類の活性酸素を発生させます。

この活性酸素が、汚れの分解や、臭いの除去、抗菌といった働きを示します

参照:化学工学会夢化学委員会 光触媒‐その特徴と応用‐

 

親水性<反応メカニズム>

1. 光触媒である酸化チタンに光(紫外線)があたります
2. 酸化チタンを構成している酸素と空気中の水が反応を起こします。
3. 酸素と水が反応した結果、酸化チタンの表面に水となじみが非常に良い‐OH(親水基本)ができます。

‐OH(親水基)ができた表面は水に濡れやすくなるため、水が汚れの下に入り込み、汚
れが浮き上がることによって、流れ落ちやすくなります。

参照:化学工学会夢化学委員会 光触媒‐その特徴と引用‐

 

菌の根本を分解除去

一般的な消毒や除菌は菌の繁殖を防ぐのに対し、光触媒は原因菌の根本を分解除去。
有機化合物やニオイのもと・雑菌・汚れなどを
水と二酸化炭素に無害化(酸化分解)していきます。
また、化学汚染物質や排気ガス、煙草の煙や微粒子などにも反応し、クリーンな衛生環境を保ちます。

 

特徴

1、施工が簡単、スピーディ。

40 坪 2 階建の家屋の場合、1 日で施工できます。
また、非対象物への養生を行いますので、家具の移動等の手間が掛かりません。

2、安心・安全なコーティング剤。

水と酸化チタンのみで出来ておりますので、シンナーなど溶剤のニオイ残りがありません。
科学的にも安全で、赤ちゃんが舐めても大丈夫です。

3、効果が長期間持続します。

有機溶剤等を使用しておりませんので膜の劣化が無く、長期的に機能を発揮します。
適切な条件下であれば、クロス等の張り替え時期まで効果が発揮されます。

 

「ナノ・インテリア」の要点

・継続的な効果が得られる
・安全で無害・室内環境での利用
・微弱な光でも高活性である。

 

室内利用

■お部屋の消臭
・生活臭、ペット臭、タバコの臭い…

■抗菌・ウイルス対策
・インフルエンザウイルス等の分解

■シックハウス対策
・ホルムアルデヒド等、有害有機物の分解

 

消臭効果

住宅の3大悪臭

■硫黄化合物系悪臭
主に生ゴミ・腐った玉ネギ・腐った玉子のニオイ、トイレや便などのニオイです。

■脂肪酸系悪臭
主に玄関・下駄箱・靴や足のニオイなど、刺激的で酸っぱいニオイです。

■窒素化合物系悪臭
台所・トイレ・し尿・腐った魚など生臭さや腐敗臭などのニオイです。

 

抗菌効果

室内における菌の種類

・大腸菌(O-157 等)
・黄色ブドウ球菌=食中毒を引き起こす原因 となる繁殖場所:まな板上など
・真菌(カビ等)=喘息や水虫の原因となる繁殖場所:カーペット裏等の湿気がある場

 

VOC 対策

■シックハウス症候群とは…

新居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれる体調不良の呼び名

■原因となる物質
・ホルムアルデヒド
・アセトアルデヒド
・トルエン etc.

 

安全性

■安全性評価データ

ナノ・インテリアは、下記試験により、人体に対し安全である事を確認しております。

 

(世界初)新型コロナウイルス不活化を確認

公立大学法人奈良県立医科大学の研究グループが、
世界で初めて可視光応答型光触媒による新型コロナウイルスの不活化を確認しました。